本気でアクセスを集めたい人へ!WordPressでブログを本格的にやりたい人が選ぶべきレンタルサーバーはどれ?【完全版】

2019年1月29日

WordPressなどを使ってブログを運営する人にとって『レンタルサーバーはどこにするのか?』というのはあまりにも重要すぎる問題です。

 

世の中にはいろいろなレンタルサーバーの会社があり、それぞれに一長一短があります。

その中で僕は「エックスサーバーがいちばんいいな!」という結論に達しました。

 

エックスサーバーにたどり着くまでロリポップとか、さくらサーバーとかいろいろ試してみたのですが、総合的に判断にするとやっぱりエックスサーバーがいちばんだと思います。

 

ロリポップもとてもいいレンタルサーバーだと思います。

ずいぶん長い間お世話になりました。

しかし、エックスサーバーの方がロリポップよりも内容的に上回ってきちゃったんで、僕はすべてのブログをエックスサーバーで運営してゆくことに決めました。

 

WordPressをやってるブロガーのほとんどは今、このエックスサーバーを使っているんじゃないかな?

やっぱり安心だし、速いし、いろいろな機能が満載だし、『WordPressでブログを運営する=エックスサーバー』と考えておいてまず問題ないのではないでしょうか。

 

今回は実際に使ってみて僕が実感したエックスサーバーの魅力なんかをいろいろと書いてみたいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

WordPress初心者でも超カンタンにインストールすることができる

エックスサーバーのワードプレスをインストールする画面のスクショ

初めてWordPressを使うという人がまず最初に「めんどくさいな」と感じるのは、WordPressをインストールすることだと思います。

でもエックスサーバーを使ってWordPressをインストールする作業はめちゃくちゃカンタンなんです!

 

設定だけだったら3分もかからないんじゃないかな?

(反映には若干時間がかかりますけどね)

 

だからWordPressをスタートすること自体はそんなに難しいことじゃありません。

機械オンチの僕でさえできたぐらいです。

あなたにできないわけがない!

 

僕はこのブログをはじめエックスサーバーを使っていくつかブログをWordPressでやっていますが、今まで一度もサーバーがダウンしたりしたことはありません。

 

とにかく高速! 記事が素早く開くのでGoogle大先生からの評価もUPするぞ!

エックスサーバーはとにかく高速でサクサク動きます。

これはエックスサーバーが最新20コアCPUと198GBメモリを搭載しているおかげ。

 

「何のことだかさっぱりわからない!」という人もいるかもしれませんが、とにかく『数あるレンタルサーバーの中でもサイコーにいいものを積んでいる!』ということです。

これによりブログ記事を開くスピードがUPし、読者を逃さないのです。

 

記事を開くスピードというのは非常に重要で、みなさん自身もそうだと思うのですが、開くスピードが遅くてイライラするようなブログには「もう二度と来るか!」といった悪い印象を受けると思います。

そんなブログは絶対にブックマークなんかしてもらえません。

 

またスピードが遅いとGoogleからも評価してもらえません。

Googleからの評価が低いと、どんなに頑張って記事を書いても検索エンジンの上位にランクしてもらえないのです。

 

だからWordPress運営者にとって「どこのレンタルサーバーを使う?」というのは『死活問題』と言ってもいい問題なのです。

 

サーバーを1コ契約すれば、それを使って2コ、3コ…と複数のブログを作ることができる

エックスサーバーには「X10」「X20」「X30」という3種類のプランがあるのですが、いちばん低いランクの「X10」スタンダードプランでも、ブログを運営する上では十分すぎるほどのスペックになっています。

 

「X10」は容量が200ギガもあります。

通常のブログを運営するだけだったら、これだけあれば十分です。

 

そして、これだけの容量があれば複数のブログを1つのレンタルサーバー上に開設してもいいでしょう。

別に1つのサーバーに1つのブログである必要はないんです。

 

実際僕もいくつかのブログを運営しているのですが、すべてエックスサーバーの1コの契約だけで十分間に合っています。

1つのサーバーに複数のブログをぶち込んだからといってサイト表示スピードがガクンと落ちるなんてことはありません。

 

もしもチェックしてゆく中で容量がいっぱいいっぱいになってきたら、プランを変更すればいいだけの話。

プランの変更はエックスサーバーの管理画面からいつでも簡単にできますよ!

 

自動バックアップ機能がついているので、「いざ!」という時でもブログが復活する

WordPressでブログをやっていると、年に1〜2回程度、画面が真っ白になったりして「やべ!」という状態におちいることがあります。

 

例えばデザインに凝ってcssをいじった時とか、キャッシュ系のプラグインを入れてそれを更新した時とか、functionをいじった時なんかによく起こる現象です。

WordPressユーザーなら一度や二度体験したことがあるはずです。

 

これがWordPressでブログを運営する最大のデメリットといってもいいでしょう。

でも、それももう過去の話!

 

エックスサーバーには自動バックアップ機能がついているので、安心です。

なんと、サーバー上のデータを毎日保存してくれてるそうで、Webやメールのデータの場合は「過去7日分」、MySQLデータベースの場合は「過去14日分」にさかのぼってデータを保存してくれているというからブログ運営者にとってはこれほど嬉しいことはないのではないでしょうか!

 

つまり、なんかヘンな作業をしてしまって記事が飛んだり、データが飛んだり、画面が真っ白になってにっちもさっちもいかなくなったとしても、エックスサーバーの管理画面に行けばヘンになる前の状態に戻ることができるというのです。

 

しかもこれ、全部自動でやってくれているので、こちらとしてはいちいち何か作業をする必要はありません。

この機能、かなり大事な機能だと思いますんで、WordPressユーザーはしっかりこのサービスの素晴らしさを憶えておきましょう!

 

セキュリティ対策が万全なので安心してブログを運営できる

エックスサーバーは特にセキュリティ対策に力を入れていることで有名です。

ハッキング、不正アクセス、サイトの改ざんなどブログ運営者なら誰も気になるセキュリティ上の心配事を極力軽減すべく高性能なサーバー機器を備えています。

 

やっぱり、「格安」を謳い文句にしているレンタルサーバー会社ほどこのような問題が起こっているようです。

本格的にブログ運営をやって定期的にネット収入を得たいと考えているのなら、きちんと安定的に記事を表示してくれる対策も取っておかなければいけません。

 

そのほかには

 

  • 「ログイン試行回数制限」
  • 「国外IPアドレスからのアクセス制限」
  • 「大量コメント・トラックバック制限」
  • 「国外IPアドレスからのコメント・トラックバックの制限」

 

などさまざまなセキュリティ対策も施してくれています。

 

今はきちんとした内容のブログでないとGoogle大先生からも評価してもらえない時代になりつつあります。

「そのブログがユーザーにとって不快なブログになっていないか」という点も検索順位に大きく影響を及ぼすのです。

 

こういったセキュリティを自分の力だけでやるには限界があります。

やはりきちんと会社のきちんとしたレンタルサーバーを利用して、自分のブログをきちんと守ってもらうことも考えておく必要があるのです。

 

それが結果としてユーザーを安心させることにつながり、Google大先生からも評価されることになるのです。

「格安だから」という理由だけで安易に値段だけでレンタルサーバーを選んでしまうことにはさまざまなデメリットがあるのです。

 

独自SSLがなんと無料で利用できて、簡単にブログをhttps化にすることができる

最近ブログのURLで「https〜」ってなってるブログをよく見かけるようになったと思いませんか?

あれ、なんだと思います?

 

どうして「http〜」じゃなくて「https〜」なんだと思いますか?

これにはちょっとした理由があるんです。

 

これをやっておくとGoogle大先生からの評価がUPするんです。

URLが「https〜」になってるサイト・ブログというのは『セキュリティ的にばっちりな状態である』と言われています。

 

しかも、httpsの部分がきちんと黄色になってるURLはデータの改ざんやなりすましなどの対策がきちんとなされているという状態にあります。

問い合わせフォームから送られる個人情報も暗号化され、悪意のある第三者から読者さんを守ってくれているのです。

 

こういう対策がきちんとなされているブログと、なされてないブログがあったら誰だってなされているブログの方が安心する!ってなりますよね。

そして、もちろんそういうブログの方がユーザビリティの観点からGoogle大先生からの評価も高くなり、検索順位も高くなる。

 

_____これって当たり前といえば当たり前のことです。

 

だからあなたも「https〜」ってなってるブログを見かけたら(僕のこのブログもなってますよね?)、「ああ、ここの管理人はその辺りのことにも気を配っているんだな」って思ってください。

 

そしてエックスサーバーは、なんとこのhttps化(独自SSLというらしいです)を無料でカンタンにやってくれるんです。

 

他のサーバー会社ではこの独自SSL化に対してしっかり手数料を取るところもあるみたいなんで、ブログを本格的にやっていきたいと考えている人はエックスサーバーと契約して自分のブログのURLを「https〜」にしておいた方がいいですよ!

 

モリサワの書体が無料で使える!フォントにもこだわりたい人はエックスサーバーにしておこう!

ブログを運営している人なら誰もが「フォント」にはこだわりを持っていると思います。

エックスサーバーは特にこのフォントに力を入れていて、誰でもカンタンにブログを見栄えを美しくすることができるようになっています。

 

エックスサーバーでは書体メーカーの「モリサワ」が提供する30書体のWevフォントを利用可能。

フォントのデータをダウンロードすれば、通常のテキストを画像で加工したようなオシャレな文字でブログ記事を表示させることができるようになります。

 

しかも見る環境を選ばず、サイト利用者すべてに対して同じフォントで表示させることが可能だというから嬉しいです。

もちろん無料で利用できますし、サイト表示スピードが遅くなることもありません!

 

エックスサーバーにはこの他にもこんなにいっぱいメリットがあるよ!

  • マルチドメインが無制限
  • サブドメインも無制限
  • メールアカウントも無制限
  • FTPアカウントも無制限
  • オリジナルCGI/SSIがある
  • 転送量の課金がなし
  • アクセス解析があり
  • 24時間365日安心サポートあり

 

 

気になる!各プランの月額利用料金

X10(スタンダード) プランの場合

契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,200円+消費税96円)×3ヶ月 6,600円(税込7,128円)
6ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,100円+消費税88円)×6ヶ月 9,600円(税込10,368円)
12ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,000円+消費税80円)×12ヶ月 15,000円(税込16,200円)
24ヶ月 3,000円+消費税240円 (950円+消費税76円)×24ヶ月 25,800円(税込27,864円)
36ヶ月 3,000円+消費税240円 (900円+消費税72円)×36ヶ月  35,400円(税込38,232円)

 

X20(プレミアム) プランの場合

契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円+消費税240円 (2,400円+消費税192円)×3ヶ月  10,200円(税込11,016円)
6ヶ月 3,000円+消費税240円  (2,200円+消費税176円)×6ヶ月 16,200円(税込17,496円)
12ヶ月 3,000円+消費税240円 (2,000円+消費税160円)×12ヶ月 27,000円(税込29,160円)
24ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,900円+消費税152円)×24ヶ月  48,600円(税込52,488円)
36ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,800円+消費税144円)×36ヶ月 67,800円(税込73,224円)

 

X30(プロ) プランの場合

契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円+消費税240円 (4,800円+消費税384円)×3ヶ月 17,400円(税込18,792円)
6ヶ月 3,000円+消費税240円 (4,400円+消費税352円)×6ヶ月 29,400円(税込31,752円)
12ヶ月 3,000円+消費税240円 (4,000円+消費税320円)×12ヶ月 51,000円(税込55,080円)
24ヶ月 3,000円+消費税240円  (3,800円+消費税304円)×24ヶ月 94,200円(税込101,736円)
36ヶ月 3,000円+消費税240円  (3,600円+消費税288円)×36ヶ月 132,600円(税込143,208円)

 

*いずれのプランの場合も

最初に契約する場合は初期費用の3,000円(消費税抜き)がかかります。

 

各プランの主な機能についてまとめてみた

機能 X10(スタンダード)  X20(プレミアム) X30(プロ)
無料お試し期間
ディスクスペース  200GB 300GB 400GB
 転送量課金  なし なし なし
 SSL  無料独自SSLあり   無料独自SSLあり  無料独自SSLあり
データベースMySQL 50個  70個  70個
 データベースSQLite  ○
URLアドレス  独自ドメイン 独自ドメイン 独自ドメイン
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
メールサポート
電話サポート
オリジナルCGI
PHP
Cron
SSI  ○
WordPress自動インストール
プラン変更
 自動バックアップ
 アクセス解析

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

このようにWordPressユーザーにとってエックスサーバーというのはもはや「必須」とも言っていいレンタルサーバーとなっているのです。

 

多分あなたもネット上で多くのブロガーがこのエックスサーバーを推奨している記事を見たことがあるでしょう。

あれはちゃんとした理由があるんです。

 

「これからブログをがんばってみようかな」という初心者の方も、「これからもっともっと本格的にブログをやっていきたい」というベテラン・ブロガーの方までいろいろなタイプの人が使っても満足できるサーバーだと思います。

 

「格安サーバー」だけはやめておいた方がいいですよ。

サイト表示が安定していなかったり、遅かったりしたら、それこそブログで収益なんか稼げませんから。

 

Googleからの評価も低くなって上位表示もしてもらえません。

 

長い目で見たときに「どこのレンタルサーバーが安定したパフォーマンスを発揮してくれるか?」と目線でサーバー選びをした方が絶対にトクですよ!

 

 

▼ エックスサーバーの申し込みは、下記リンクからどうぞ

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!