不動産投資で経済的自由を確立した40代大家ブロガー(サカモトハルキ)が役立つものなどを紹介するブログ

サカモト流カイシャク

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者
セミリタイア組
不動産会社勤務を経て、38歳で脱サラ起業
2011年より専業大家(法人6期目)
猫と家族をこよなく愛し、のんびり自由に生きてる小学生男子2人のお父さんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモトハルキの「僕はこう思う」の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

 

 

えっ、まだ行ってないの!?家族で行って大正解だった!釣りも楽しめる北海道のおすすめキャンプ場6選

2018/10/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

日本中のキャンパーのみなさん、お元気ですか?

キャンプ、行ってますか?

 

僕は生まれも育ちも北海道という生粋の道産子なのですが、北海道には有数のキャンプ場が数多くあります。

僕も家族と一緒によく訪れてます。

 

でも、ひと口に「北海道」と言っても広いですよね。

道南もあれば、道東もあります。

 

これだけ土地が広く、各地にキャンプ場が散らばっていると「いったいどこのキャンプ場がいいのかわからない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

北海道はとにかく広いので、移動距離もすごいし、それに要する時間だけでも相当なものがあります。

せっかく長い距離をドライブしてようやくたどり着いたのに「残念なキャンプ場だった…」となったら嫌ですよね。

 

そこで今回の記事では僕が実際に行って「これは良かった! オススメだ!」と思えた北海道のキャンプ場だけをピックアップしてご紹介してみたいと思います。

ぜひキャンプ場選びの参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

北海道には素晴らしいキャンプ場がいっぱいある!

楽しそうにキャンプをしている家族のイラスト

僕は子供の頃からキャンプが大好きで、自分が親になってからも家族と一緒によくキャンプ場を訪れています。

まあ、それなりにキャンプのキャリアはあるつもりです。

 

そんな僕が今回特にこだわったのは『家族づれでも楽しめるキャンプ場』です。

子供も一緒に行くことが前提なので、必然的に山の奥地にあるような秘境的なキャンプ場は除外されてしまいます。

 

北海道は熊の生息地でもありますので、子供と一緒に行って何かあったら大変です!

今回ご紹介するキャンプ場はどれも子供と一緒に行っても安心して楽しめるものばかりです!

 

スポンサーリンク

熊石青少年旅行村

テントがたくさん貼られている熊石キャンプ場

*出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000183811/

ここはよく利用するキャンプ場です。

とても人気のあるキャンプ場なので、知ってる人も大勢いるはず。

 

浅い谷間にキャンプスペースが広がっているため、駐車場からその谷に降りて行かなければなりません。

 

どうやって荷物を運ぶのか?

なんと大きなリアカーが何台も用意してあり、それに荷物を乗せて谷まで降りてゆくのです。

 

「めんどくせー」って思いますか?

いやいや、これが意外に面白くて、いいんです!

 

リアカーなんて物珍しいから、子供達も大喜び。

子供が小さかった頃なんかは子供自体をリアカーに乗せて下まで降りて行きました。

こういうリアカーが常備されてるキャンプ場って北海道でも非常に珍しいと思います。

 

さらにここのキャンプ場の面白いところは、釣り!

すぐ近くに平田内川という川が流れているので、そこで渓流釣りができるんです。

 

川釣り用のちょこっとした釣り道具さえあれば、おもしろいようにヤマメなどの川魚が釣れます。

 

1.8M ペン型 釣りセット 初心者 釣り竿 セット リール付 持運び便利 超軽量 海釣り 川釣り 魚釣り コンパクトロッド
by カエレバ

 

釣った魚は早速テントに持ち帰って家族で食べましょう!

きっといい思い出になると思いますよ。

 

こういうことが気軽に楽しめるところもこのキャンプ場のいいところです。

子供達も「またあそこのキャンプ場に行って、釣りをしたい!」とよく言います。

 

やっぱり子供ってキャンプも好きだけど、釣りも好きなんですね。

 

僕は使ったことないけど、テントが苦手という人はバンガローやケビンもあります。

アスレチック・スペースや遊具施設なんかもあるので、とにかく子供連れで行っても一切退屈しません。

 

さらには『ひらたない温泉あわびの湯』という温泉施設と隣接しているところも嬉しい!

それほど大きな露天風呂ではありませんが、自然に囲まれてのんびりできるいい温泉だと思います。

 

入村料

  • 小・中学生200円
  • 高校生以上410円

 

持込テント料金

  • 3人用以下1張610円
  • 4人用以上1張820円

 

オートキャンプ

  • 不可

 

宿泊施設

  • ケビン(設備完備住宅タイプ):5人用1棟10,280円5棟
  • ツリーハウス:5人用5,140円5棟
  • バンガロー:4人用5,140円5棟
  • きのこログ:5人用5,140円4棟

*各照明付き

 

貸用具

  • 貸テント5人用1張1,020円、6〜10人用2,050円

 

管理人

  • 駐在(8:00〜17:00)

 

施設利用時間

  • IN:16:00〜
  • OUT:10:00まで

 

設備

  • トイレ3棟(うち2棟水洗)
  • 炊事場3棟
  • 管理棟
  • バーベキューコーナー
  • ちゃぷちゃぷ公園
  • アスレチックスペース
  • 遊具施設

 

温泉

ひらたない温泉あわびの湯の写真

*出典:https://www.hiratanaiso.jp/spa/index.html

  • ひらたない温泉あわびの湯
  • 徒歩5分
  • 露天風呂あり
  • 大人:460円
  • 11:00〜22:00
  • 大型駐車スペースあり

 

 

その他

  • リアカー約20台完備
  • すぐ近くに平田内川が流れていて、そこで渓流釣りが楽しめます。
  • ゴミは無料で受け入れ可です。
  • 予約制です。
  • オートキャンプ場ではありません。

 

期間

  • 4月下旬〜9月末

 

アクセス

  • 二海軍八雲町熊石平町145
  • ☎︎01398-2-3716

 

スポンサーリンク

 

オートリゾート滝野

テントの張られた滝野オートキャンプ場の写真

*出典:https://www.hiratanaiso.jp/spa/index.html

ここはもう改めて説明する必要はないでしょう。

実に400haという広大な敷地の国営滝野すずらん丘陵公園の中にあるキャンプ場です。

 

札幌市内からもほど近いので、いつも多くのキャンパーに賑わっています。

 

とにかくこのキャンプ場の特徴は圧倒的に広いこと!

キャンプ・スペースも広いのですが、とにかく滝野すずらん公園が広くて公園内では釣り、サイクリング、水遊び、パークゴルフ、滝めぐりなどいろんな遊びを楽しむことができます。

 

さらに公園内には巨大な遊具施設がたくさん!

とても1日では遊び尽くせないようなものだらけのすごいキャンプ場なんです。

 

あまりにも盛りだくさんすぎて、純粋にキャンプそのものを楽しみたい人にとってはちょっと色々ありすぎて疲れちゃうかもしれません。

 

だけど子供たちにとってはきっといい思い出になるでしょう。

あまりにも広大で、あまりにもカラフルなので、ウチら家族もここでキャンプするときはいつもかなり覚悟していきます。

 

さすが大都市・札幌近郊にあるキャンプ場です。

スケールもでかいけど、人もすごいです。

 

名前に「オートリゾート」となっていますので、カーサイトがとにかく広くて充実していますが、フリーテントサイトがないわけではありません。

 

僕たち家族はいつもフリーテントサイトを利用しています。

 

これだけ広いと熊の心配が出てきますが、ここのすごいところは公園全体をきっちり金網で管理している点。

そうやって熊の侵入を防いでいるのです。

 

ただし、キャンプの楽しみである温泉は敷地内にはありません。

デメリットと言えば、それが最大にデメリットになるかもしれません。

 

でも管理棟に行けばシャワールームがありますので、汗を流したい人はそこでシャワーを利用することができます。

 

 

施設利用料

  • 高校生以上800円
  • 小・中学生200円
  • 65歳以上600円

 

フリーサイト

  • 1区画1,500円計55区画

 

オートサイト

  • スタンダードカーサイト1区画4,000円40区画(電源20A付)
  • キャンピングカーサイト1区画5,000円23区画(電源30A・上下水道・TV端子付)

 

キャビン

  • A:6人用9,000円14棟
  • B;5人用8,000円5棟(各照明・電源・暖房付)
  • S;6人用バリアフリー15,000円6棟(電源・TV端子・照明・トイレ・流し付)

 

貸用具

  • 有料でいろいろ取り揃えています。

 

管理人

  • 期間中24時間駐在

 

施設利用時間

  • IN:13:00〜17:00(6〜8月は18:00まで)
  • OUT:8:00〜11:00まで

 

設備

  • 推薦トイレ3棟+1か所
  • 炊事場7棟
  • センターハウス内に受付・売店・シャワー・ランドリーなどあり

 

駐車場

  • 1サイト2台目からの追加駐車料金1台1,000円

 

売店

  • 営業時間/8:00~20:00
  • 取扱品目/酒類(ビール・ワイン他)、清涼飲料水、珍味、菓子類、インスタント食品、加工肉、冷凍食品類、 玩具、日用雑貨品、キャンプ用品、燃料(木炭・ホワイトガソリン・各種ガスカートリッジ)、乾電池、他

 

シャワー室

  • 利用料:無料
  • 営業時間:7:00~11:00 13:00~22:00
  • その他:コインロッカー(使用料100円、100円は使用後に戻ります)
    温水シャワー男女共各10基ずつ、多目的シャワールームも有

 

コインランドリー

  • 利用時間/24時間
  • 施設内容/全自動洗濯機4台(1回200円/35分)、電気式乾燥機4台(1回100円/30分)

 

その他

  • 完全予約制です(利用日の2カ月前の同日から電話及び、インターネットにて受付OK)
  • ゴミは無料受け入れ(燃えないゴミを除く)
  • センターハウス内には卓球台(1台30分200円)もあります。
  • キャンプファイヤー・イベントもあります。
  • 展望台あり

 

 

期間

  • 4月20日〜10月末

 

アクセス

  • 〠005-0862 札幌市南区滝野247番地(国営滝野すずらん丘陵公園内)
  • ☎︎011-594-2121

 

スポンサーリンク

 

美笛キャンプ場

美笛キャンプ場の写真

*出典:https://www.shikotuko.jp/location.html

こちらも札幌からほど近いキャンプ場としてはかなり上位に来るキャンプ場だと思います。

 

滝野みたいな広大な敷地があるわけでも、子供の遊具施設が充実してるわけでもありません。

しかし、このキャンプ場の最大のウリは何と言っても支笏湖の湖岸にあるという点!

 

すぐ目の前が湖の砂地のキャンプ場なので、思いっきり水遊びを楽しむことができます。

しかも海ではないので、波の満ち引きもないし、浅瀬なので子供たちでも安全。

 

安心して子どもを遊ばせることができます。

カヌーを持参し、岸辺からカヌーを漕ぎ出すキャンパーを多数います。

 

場内は車の乗り入れが自由なので、湖畔のキャンプを楽しみたい人にはオススメのキャンプ場です。

ただ、ここのキャンプ場は滝野と同様に札幌からほど近いので、いつも混雑していることが難点です。

 

湖で遊んだ後の汚れをすぐに洗い流したくても、シャワールームは結構待つかもしれません。

 

「休暇村支笏湖」という温泉施設までは20キロも離れているので、その辺りは事前に考慮しておいた方がいいかもしれません。

 

あと、砂地にテントの杭を打ち付けなきゃいけないので、芝生の杭打ちに慣れてる人は最初戸惑うかもしれません。

 

 

サイト使用料金

  • 大人1,000円
  • 小・中学生500円
  • 4歳以上200円

*車の乗り入れはできますが、特にオートキャンプ用の設備等はありません。

 

バンガロー

  • なし

 

貸用具

  • 常設テント家族用ハウス型1張1,500円

*計10張あり

 

駐車場

  • あり

*収容台数約200台駐車可能

 

管理人

  • 期間中24時間駐在

*受付は7:00〜19:00

 

施設利用時間

  • IN:7:00〜19:00
  • OUT:11:00まで

 

設備

  • 水洗トイレ
  • 炊事場各2棟
  • センターハウス

*受付、水洗トイレ、シャワー(1人1回につき100円)、ランドリー、売店を併設

 

温泉

*出典:https://www.shikotuko.jp/location.html

  • 休暇村支笏湖
  • キャンプ場からの距離:約20キロ
  • 大人720円
  • 小学生410円
  • 11:00〜16:00受付終了
  • 駐車場約200台(無料)

 

 

その他

  • リードをつければ、ペットの持ち込みOK
  • 打ち上げ花火は禁止
  • ゴミは持ち帰り制
  • 湖畔などの砂浜や地面の上での直接のたき火を禁止

 

期間

  • 5月上旬から10月下旬まで営業

 

アクセス

  • 千歳市美笛
  • ☎︎090-5987-1284(センターハウス)

 

スポンサーリンク

 

丸瀬布いこいの森オートキャンプ場

*出典:https://www.shikotuko.jp/location.html

今まで道南方面ばかりでキャンプしていたのですが、「たまには遠くへ行ってみよう」ということで訪れたキャンプ場がこちらのキャンプ場。

 

とてもいいキャンプ場でした!

 

ここのキャンプ場のユニークなところは『森林鉄道蒸気機関車 雨宮21号』というSLに乗れるところ。

このSLは北海道遺産にも認定されていて、以前は木材の運搬などに利用されていたそうです。

子供たちはもちろん大はしゃぎです!

 

さらにゴーカートに乗れたり、武利川という川がすぐ近くにあるのでそこで川遊びを楽しむこともできます。

 

そして子供たちにとって最も興奮する施設が歩いてすぐのところにある『昆虫生態館』というところ。

カブトムシをはじめとする様々な昆虫が展示されていて、面白い施設ですよ!

 

温泉もすぐ近くに丸瀬布温泉「やまびこ」というところがあり、ここのお風呂がまた格別でした。

道北のあまり馴染みのない地域のキャンプ場だったので最初は心配でしたが、とにかく子供たちが喜ぶ仕掛けが満載なので非常に楽しめて良かったです。

 

肝心のテントスペースの方も全サイト車の乗り入れができて、超便利な林間キャンプ場になっています。

 

入村料(全サイト共通)

  • 高校生以上1人500円
  • 小・中学生300円

 

フリーサイト

  • 4トン車以上1,000円
  • 軽自動車以上500円
  • バイク等200円

 

バンガロー

  • 4人用2,500円
  • 5人用3,000円
  • 6人用3,500円
  • 6人用(テラス付)4,500円

 

オートサイト

  • 第1オートサイト(電源付)2,500円
  • 第2オートサイト(電源なし) 2,000円

*フリーサイトは予約の必要はありませんが、バンガロー、第1・第2オートサイトは必ず事前に予約が必要。

 

貸用具

  • 貸しテントなど有料であり

 

駐車場

  • あり

 

管理人

  • 駐在

*8:00〜17:00

 

施設利用時間

  • IN:13:00〜
  • OUT:11:00まで

 

設備

  • 水洗トイレ
  • 炊事場5棟
  • センターハウス
  • 売店
  • コインランドリー(1回)200円
  • 乾燥機(1回)200円
  • 温水シャワー(1回)200円
  • コンロ(1回)200円

 

温泉

*出典:https://engaru.jp/asobu-manabu/21kyoutsu/kankousisetu/onsen/maruseppu-onsen/yamabiko.html

  • 丸瀬布温泉やまび
  • 開館午前10時~午後9時 (4~10月)
    午前11時~午後9時 (11~3月)
    *入浴受付は午後8時30分まで
  • 定休日毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
    12月31日~1月1日
    *夏休み期間を除く。
  • 料金中学生以上 500円(貸しタオル付)
    小学生以上 300円(貸しタオル付)
    バスタオル 100円
  • 駐車場約300台(無料)
  • 丸瀬布総合支所産業課農林商工観光担当 電話:0158-47-2213

 

 

各種遊具

  • 第1管理棟ゴーカート(1周) 300円
    ローラースケート(1時間) 300円
    バッテリーカー(1回) 100円
  • 第2管理棟ターゲットバードゴルフ(1時間30分)お一人様 700円
    テニスコート(1時間)お一人様 500円
    ラケットレンタル料金(1本) 200円
    変形自転車(30分) 300円
  • センターハウスパークゴルフ用具一式(1回) 300円

 

北海道遺産 森林鉄道蒸気機関車 雨宮21号

  • 運行日 いこいの森開園期間中の土・日・祝日(夏休み期間は毎日運行)
  • 運行時間始発 午前10時
    最終 午後4時30分
    *状況により30分~1時間おきに運行
  • 乗車料金高校生以上 500円
    4歳以上 250円

 

その他

  • リードをつければ、ペットの持ち込みOK
  • 打ち上げ花火は禁止
  • ゴミは持ち帰り制
  • 湖畔などの砂浜や地面の上での直接のたき火を禁止

 

 

期間

  • 4月26日〜10月19日まで

 

アクセス

  • 紋別郡遠軽町丸瀬布上武利(いこいの森資料館)
  • 【平日】丸瀬布総合支所産業課農林商工観光担当 電話:0158-47-2213
    【土・日・祝日】郷土資料館 電話:0158-47-2466

 

スポンサーリンク

 

歌才オートキャンプ場L’PIC(ルピック)

ここは本当にのんびりとした雰囲気が漂う素敵なキャンプ場です。

 

キャンプ場自体はそれほど大きくないのですが、ここの面白いところはすぐ近くに天然記念物指定のブナ林があるところ。

「黒松内ブナセンター」という施設があり、そこで木工房や食工房を体験することができるところ。

 

貝殻などの化石が採れるという川に行って化石発掘体験ができるところ。

 

_____など普通のキャンプ場では味わえない体験ができるという点が非常におもしろいキャンプ場です。

 

とにかく黒松内というのんびりとした静かな街の雰囲気をそのまんまキャンプ場に持ってきた感じのとても静かでゆったりとしたキャンプ場でいいですよ!

 

近くにある素敵な露天風呂が自慢の黒松内温泉「ぶなの森」もGOOD!

 

オートキャンプ場がメインですが、フリーテントサイトもありますので気軽に行ってみてください!

ガヤガヤしていない林の中での静かなキャンプをしたい向けのとっても可愛らしい素敵なキャンプ場ですよ。

 

入場料

  • 大人 (高校生以上):900円
  • 小中学生:450円
  • 幼児:無料

*入場料は2泊目からは不要です

 

フリーサイト

  • 1張 550円

*大きなに関係なく550円

 

オートサイト

  • カーサイト10A 1区画 2,500円
  • カーサイト30A 1区画 3,500円

 

バンガロー

  • 1区画 5,500円

*3〜4人用。3棟あり。屋内に証明・電源、屋外に流し、野外炉付き

 

貸用具

寝袋など有料で各種あり

 

管理人

期間中24時間駐在

 

施設利用時間

  • IN:13:00〜17:00
  • OUT:8:00〜11:00まで

 

施設・設備

  • 車イス対応水洗トイレ1棟
  • 管理棟にフリーサイト用の炊事場1ヶ所
  • コインランドリー
  • コインシャワー(24時間利用可能)
  • 水洗トイレ
  • 売店

 

その他

  • 出入口ゲート閉鎖:午後9時から朝7時まで(車の出入りはできません)
  • このキャンプ場は、ペット同伴可です。ただし、バンガローの中とフリーサイトは利用できませんので、ご注意ください。予約の際に必ず申し出ること。
  • 場内の灯りは夜10時に消灯。
  • ホームページ(https://www.lpic.utasai.jp/index.html

 

温泉

*出典:https://www.kuromatsunai.com/bunanomori/facilities.html

  • 黒松内温泉ぶなの森
  • 北海道寿都郡黒松内町字黒松内545番地
  • ☎︎0136-72-4566
  • キャンプ場からの所要時間:約2分
  • 大人500円
  • 11:00〜21:30
  • 定休日:第1水曜日
  • 露天風呂あり
  • 駐車場有

 

 

ぶなセンター

  • ルピックのすぐ向いにあります。
  • ブナを中心に黒松内の歴史や自然などを紹介している施設です。
  • 木工房と陶工房、食工房などの体験スペースもあります
  • ☎︎0136-72-4411

 

 

*入館料は無料ですが、各工房は利用料がかかります。化石発掘体験ツアーはこちらで申し込みます。

 

期間

  • 4月下旬〜10月中旬まで

 

アクセス

  • 〒048-0101 北海道寿都郡黒松内町字黒松内521-1
  • ☎︎ 0136-72-4546

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモト流カイシャク , 2017 All Rights Reserved.